毎日のケアが重要になる

どこをマッサージすれば良いのか

バストケアをする際は、鎖骨の下あたりを優しくマッサージしてください。
さらに、脇の下でも良いでしょう。
そこにも胸を大きくするために欠かせない筋肉が存在するので、適度な刺激を与えて脂肪をつきやすくしてください。
毎日行うことが重要です。
時々行うだけでは、うまく効果を発揮できません。

1回に行う時間は、5分から10分で大丈夫です。
ですから、忙しい人でも継続できると思います。
また、強くマッサージしすぎないでください。
刺激が大きすぎても、胸の発育を妨げるので注意しましょう。
痛みを感じない程度の力加減がちょうど良いと言われています。
胸の小ささが悩みだという人は、バストケアに力を注いでください。
努力すれば、理想のサイズになります。

お風呂に入っている時がおすすめ

マッサージは、いつ行っても効果を発揮できると言われています。
ですが身体が温まっている時はさらに効果が大きくなるので、できればそのタイミングを狙ってください。
お風呂に入っている時が、最も良いでしょう。
ゆっくりお風呂に入りながら、マッサージをしてください。

身体を冷やさないことも意識して、お風呂から上がったらすばやく服を着てください。
せっかくマッサージして血行が良くなったのに、身体を冷やすと意味がなくなってしまいます。
飲み物も、温かいものを選択するとさらに良いですね。
ココアは身体を温める効果があるので、マッサージの効果を増幅させられます。
コーヒーやお茶は、身体を冷やすので飲みすぎないように心がけましょう。


みんなにシェア

B!